Website made with rich jQuery,Ajax & Perl,PHP
ジオステーション
Sponsor
まだまだ使えるWindowsXP(連載)
[最終更新日:2010/07/25]
windows7が発売になり既に半年、windowsXPは2つ前の世代のOSとなってしまいましたが、 windows vistaやwindows7でもHome editionではXPのソフトウェアが正常に動作しない事もあり、 現在でも多くの企業、個人でも業務で使用されている方がXPを現役バリバリで使用されています。
とは言え、やはりデザインは古いですね。 デスクトップやアイコンを見ただけでも一昔前のデザインであることは否めません。 そこで、飽きてしまったデザインだけでも変更してみましょう。 見た目が変わっただけでも、新たな気持ちになるものです。

まずは、スクリーンショットを見ていただきましょう。
こちらは、現役で使用している私のXP開発機です。

クリックして拡大してみてください。 単にインターフェースのデザインがwindows7になっているだけでなく、 フォントもVistaやwindows7で採用されている「メイリオ」で、 文字の輪郭が滑らかになっていることが分かります。 このマシーンもマルチモニタですので、このスクリーンショットには表示されていませんが、 windows vista、windows7の「サイドバー(ガジェット)」の表示されています。

$(this).corner("left");準備
これだけの変更ですから「一足飛びに」とは行きませんので、1つずつ順を追って解説してゆきます。
windowsXPは、サードパーティのテーマが使用できないようにプロテクトがかかっていますので、 最初にこれを解除しなければなりません。 ここからパッチをダウンロードして実行します。 install画面で[Patch]ボタンを押すだけです。 これで、Microsoft製でなくてもテーマを使用可能になりました。
$(this).corner("left");フォントの導入
windowsXPとwindows vista、windows7の外観で最も違っているのフォントです。 windowsXPのシステムフォントが「MS ゴシック」に対し後者は「メイリオ」です。 メイリオはMACのような輪郭がまろやかなclear fontで非常に綺麗です。 windowsXPも、このフォントを使用するだけで見違えるように綺麗になります。 こちらからMicrosoftが公開する「メイリオ」フォントをダウンロードしてインストールしてください。 フォントのインストールが完了すれば、このフォントが滑らかになるようwindowsを設定します。 デスクトップを右クリックして画面のプロパティを表示させ、「デザイン」タブの[効果(E)]をクリックします。

2つ目のドロップダウンリストから「ClearType」を選択して設定します。

これでインストールしたメイリオが滑らかに表示されるようになりました。
$(this).corner("left");スタイラー
次は、導入したフォントやデスクトップ、何よりテーマを効率よく管理できるスタイラーをインストールします。 ここからスタイラーをダウンロードしてインストールします。 圧縮されているstyler.zipを解凍して「First Install Me.msi」をダブルクリックするだけです。
インストールが完了すると、[スタート]メニューに[Styler]グループが追加されていますのでStylerを実行します。 Styllerは常駐ソフトですのでタスクバーに有ります。設定は、タスクバーのStylerアイコンを右クリックして、 [Stylerを表示]を選択します。

ここでフォントをすべてインストールした「Meiryo_UIGothic」に設定します。サイズは9がベストだと思いますが自由です。 [変更を適用]を押すと、windowsXPのメニューやデスクトップが滑らかな「メイリオ」になります。 いかがですか?比較にならないほど綺麗になりましたね。
$(this).corner("left");windows7テーマ
やっと、windows7のテーマのインストールです。 ここからテーマをダウンロードしてインストールしてください。 ファイルインストーラー付のexeファイルですので実行するだけでインストールは完了します。 システムを再起動するとインストールは完了です。
こちらはwindows7のvirtual PCにインストールされたwindowsXPです。

こちらには「ブラックモード」のwindows7テーマをインストールしてみました。
$(this).corner("left");Dockのインストール
次はDock(ランチャ)です。私のパソコンにはすべてインストールされているお気に入りで、 上記のスクリーンショットの上部に表示されているソフトを起動するためのメニューです。 一部のパソコンメーカーでは、出荷時にインストールされている優れものです。 こちらからインストーラーをダウンロードしてインストールしてください。 [スタート]メニューに[RocketDock]グループが追加されていますので、RocketDockを起動して設定します。 通常は[スタート]メニューにすでに登録されているソフトウェアのアイコンをRocketDockにドラッグするだけでアイコンを追加できます。
$(this).corner("left");サイドバー
最後にwindows vistaから採用されたサイドバー(ガジェット)です。
この例では、秒針付き時計と、CPUメーター、翻訳、カレンダー、週間天気予報をインストールしてみました。 これらのがジェットはMicrosoftのサイトからいくらでも無料でダウンロードしてインストールできます。

それではインストールです。
  1. ここからサイドバー一式をダウンロードして解凍してください。
  2. ファイルを解凍すると[ガジェット]フォルダーが有りますので、フォルダーのままC:\にコピーします。
  3. C:\ガジェット\dotnetfx30SP1.exe をダブルクリックしてMicrosoft ドットネットフレームワークをインストールします。 すでに導入されている場合でもVer.3.0以上が必要ですので実行してみてください。 3.0以上がインストールされている場合はその旨通知されますのでインストールを中止します。
  4. C:\ガジェット\svcpack\Alky_xp.exe をダブルクリックして実行します。
  5. C:\ガジェット\sidebar.inf を右クリックして[インストール]を実行します。

これで完了です。 再起動するとサイドバーが表示されます。 表示されない場合は、[スタート]メニューにサイドバーが追加されていますので実行してください。
これでどこから見てもwindows7ですね。
営業でノートパソコンを持ち歩いている方も、もう古いからと恥ずかしい思いをすることもありません。

この他にもネット上には、windows7で初めて採用されたエアロスナップなども公開されています。 一度お試しになってはいかがでしょう。

ちなみに、こちらはMACのテーマをインストールしたWindowsです。

どこから見てもMACですが、紛れも無くWindows vistaです。 今、最も気に入ったテーマで、vistaだけでなくXPもすべてこのテーマにしています。 詳細は、Windowsのテーマを変更でご紹介します。
Comment
$(this).corner("left");コメントに関するお約束

  1. ご意見、ご希望、ご質問など、何かありましたらご投稿ください。
  2. ご質問に対する回答は、分かる範囲でお答えしますが、お約束は出来ません。
  3. 投稿していただいたコメントはこのページに記載されます。
  4. コメントは各ページごとに独立しています。それぞれのテーマに沿ったコメントをお願いします。
  5. タグはいっさい使用できません。タグもそのまま表示されます。
  6. 印は必須です。ハンドル名でも結構ですのでご記入ください。
  7. パスワードを記入しておけばご自分の記事を削除できます。
  8. 当サイトにふさわしくないと判断した記事は管理者の独断で削除することがあります。
お名前
パスワード
件名

Enquete
このページの情報、記事はお役に立ちましたでしょうか?
はい いいえ どちらとも言えない

※ご意見が有ればどうぞ(公開されません)
更新履歴
10/07/26 Winテーマの変更
10/06/08 まだまだ使えるXP
10/06/02 jQueryテーマ...
10/05/25 Win7は業務に...
10/04/11 携帯位置情報取得
10/03/09 カレンダーの追加
10/03/01 サービス開始
有料サービス
  1. データ変換サービス
    番地まで記載されたテキスト形式の住所データをお持ちの場合、「緯度」、「経度」及び、 「最寄り駅」と座標、「最寄のインター」と座標の情報を追加したCSVデータを作成してお返しします。 座標付ですので簡単にGoogleマップに位置表示することができます。
    【例】
    名称 住所
    東京タワー 東京都港区芝公園4丁目2-8

    名称 住所 緯度 経度 沿線 最寄り駅 緯度 経度 高速名 インター 緯度 経度
    東京タワー 東京都港区芝公園4丁目2-8 35.6585873 139.7454247 都営大江戸線 赤羽橋 35.655007 139.743642 首都高速都心環状線 芝公園 35.6544767 139.745769
    ※住所データは必須です。電話番号では特定できません。

    費用は1件当たり、わずか32円。100件で3,200円、1000件でも32,000円です。
    追加される最寄り駅、最寄のインター共に直線距離で最も近いもの1件です。複数必要な場合はお問合せください。
  2. システム開発
    Googleマップや最寄り駅、最寄のインターを利用したWEBシステムを開発します。
    自社製品が全国どこで購入可能で、どの駅で降りれば1番近いのかなどをユーザにお知らせすることができ、販売促進にも貢献します。 また、ご自分の住所を指定して最も近い店舗を検索したり、距離を指定して範囲内の店舗を検索して地図を表示するシステムの開発もできます。
    もちろん、携帯版も可能です。
    携帯版はGIF形式の静止画ですのでキャリヤや機種を選びません。 ほぼ、全て機種で使用可能なシステムになります。

    携帯電話ですからWEBのようなパフォーマンスは望めませんが、 静止画でも地図の「縮小」、「拡大」をサポートします。
    お見積もりは「お問合せ」から、 ご希望の機能をできるだけ詳しくお書きいただき、お送りください。
  3. 最新のユーザインターフェースの導入
    現在注目を集めているAjaxやJavascriptを使用したハイセンスなインターフェースの導入をお手伝いします。
    jQueryプラグインのオーバーレイを複数使用した最先端のドキュメントの生成が可能になります。 また、オーバーレイやAjaxを使用する事で、無駄なリロードを減らすことができ、パフォーマンスも向上します。
お問合せフォーム
  1. 全てのお問合せはこちらの専用フォームをご使用ください。 もちろん、ご意見/ご希望でも結構です。
  2. システムに存在しない路線や、新たに開通した路線をご存知の場合はお知らせください。
  3. 有料サービスで新たなシステム開発のお見積もりをご希望の場合は、 出来る限りご希望の機能を詳しくお願いします。
  4. は必須項目です。必ずご記入ください。
お名前
フリガナ
Email
Email(確認) ※確認のためもう一度 (コピー禁止)
タイトル お問合せ お見積もり ご意見/ご希望
内容